ケーブルTVで再び真面目に観始めた『Glee』がついに終了した。

フィン役のコリー・モンティスが亡くなってから、

フィンのいないgleeなんて、と、なんだか楽しめなくなった。

アメリカやカナダの友人たちも同じ時期にgleeを観るのをやめたようで

かなりたくさんの人がgleeをあの頃、卒業したと思う。

でも、最後のシーズン、どう終わるんだろうという好奇心で

再び観始めた。

ファイナルシーズンの最終回、

圧巻!!とまではいかなかったけれど、素敵な終わり方だったと思う。

フィンさえいれば…とは思ってしまったけれども、

それぞれにみんな幸せになっていた。

最終回、グリーのメンバーたちの集合写真の下にあった格言が素敵だった。

See the world not as it is,but as it should be.

(いまある世界を見るのではなく、あるべき世界を見よ。)

グリーの良さは歌だけではなく、その人物たちの多様性。

人種もアジア、黒人、白人、ヒスパニック、

宗教だって、ユダヤにカトリック、それに加えてゲイ、レズビアン、

ダウン症に車椅子男性…

どれもこれもひーっくるめて、私の希望する世界がそこにはあったんだ、

と改めて思った。

天才はどんなことでもイメージできるという、

凡人の私はこうやってドラマにされて初めて具体的に、

「こんな世界はいいなぁ~」と思えた気がする。

gleeで歌を歌う人たちは誰もかれも歌がうまいんだけれど、

その中で、私の好きな声だわ~とつい調べてしまったのが

Noah Guthrie (ノア・ガスリー)

もっと彼の歌を聞きたかったなぁ~。

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村