子どもをおんぶしてパソコンを打つ女性、ガラス越しに子どもに微笑む女性・・・。ある職場風景です。東京・目黒のギフト販売会社「ソウ・エクスペリエンス」のオフィスでは、パソコンに向かう女性のかたわらで幼児がスヤスヤと眠っています。泣き出したりもしますが、あやしながら仕事を続けます。女性は「ゼロ歳の時期はまだ一緒にいたい時期なので、こうして仕事ができるのはありがたいです」と話します。

   この会社は3年前に子連れ出勤を導入しました。オフィスの奥にはおむつ替えや授乳スペースがあります。床に絨毯を敷き、テーブルの角にはクッション材を貼り付けるなど、子どもの安全にも配慮しています。会議にも子どもを抱いたまま参加します。

   これまでに10人以上がこの制度を利用しているといいます。妊娠中の女性もいるし、おんぶしている子を隣の女性があやすなど、ママじゃない人も子育てに参加しています。子どものいない女性も「子育て疑似体験ができる」。男性も「和みますし、癒されます」といいます。代表取締役の西村琢さんは「待機児童の問題ってすごく大きい。待機児童=待機ママだと思います。働きたいけど働けないのはもったいないし損失です」と語ります。

 

保育士もいるキッズスペースを併設

   全国の待機児童は去年(2015年)10月時点で4万5,315人(厚生労働省調べ)です。「あさチャン!」(TBS)が東京23区を調べたところ、4月時点で去年より596人増えていました(14区で増加)。つまりは待機ママも増えています。

   東京・北区に住む麻生薫さん(38)は2人目の子の出産で会社を辞めました。子どもが2歳になったので再び働きたいと保育所を探しましたが、勤め先が決まっていないとはねられました。諦めかけた時に見つかったのが埼玉・川口のショッピングモール「ララガーデン川口」でした。

   ここには保育士のいる「キッズスペース(託児所)」があります。一緒に出勤して子どもを預けて、ガラス窓を隔てた隣が職場です。子育て応援会社「サテライトママスクエア」が運営していて、さまざまな会社から請け負った電話営業やデータ入力などをワーキングスペースでこなします。窓から覗くと子どもが見え、保育士からガラス越しに「オムツ替えお願いします」というボードが出ます。

   保育園ではないからそうした世話はママが行うのですが、「子どもの体調に合わせてシフトを組んでくれるので、子どもにも負担は少ないと思います」と麻生さんは言います。出勤ラッシュを避けたシフトなんかも可能で、麻生さんは週に3日、午前10時から午後2時まで働いています。長女が学校から帰るまでに帰宅できます。「ママが頑張ってると子どもも頑張りますよ。私も子どもの顔を見て、2人で成長しているような」と語ります。

   「サテライトママスクエア」は首都圏に6つのオフィスを持ちます。ママからの問い合わせが相次ぎ、今年度中にさらに4つのオフィスをオープンする予定だといいます。